令和2年千葉市教育委員会会議第5回定例会 傍聴

令和2年千葉市教育委員会会議第5回定例会を傍聴。コロナ関連:教育長からは指導計画が7掛けくらいになると現場の先生の負担も増えるが焦らず指導できるよう要望があり、その旨各学校に文書出すと回答。医師の竹田委員からは養護の対応について。(写真は撮影が認められてる開会前の様子です)

小西委員からは、分散登校時の安全対策について、藤川委員からは、再開後の感染リスクの高い授業の形式について、和田委員からは夏休みが短縮される事で暑い中登下校する事になるが、その際の暑さ対策や、オンライン環境の整備について、等等質問要望がありました。

令和3年度使用の教科書採択方針も議題となりましたが、教育委員から確認以外に、特段質問はありませんでした。